細木数子とは

細木数子とは、


占い師。1938年,東京都生まれ。京都に大邸宅

・細木数子プロフィール


▼10代でコーヒー店経営
▼20歳で銀座にてクラブを開業
▼21歳で結婚
▼まもなく離婚

長年,中国古来の万象学,算命学,易学などの研究。
細木数子が六星占術を独自に生み出す。

▼1982年〜 六星占術に関連する本を次々に発表

細木数子から日本全国に六星占術の大ブーム

▼1983年 陽明学者の大家,故・安岡正篤氏と出会い,
六星占術の禁を犯し、自分の大殺界の時に再婚したが同年死別。

その後、細木数子が、六星占術を占いから、それを超越した"人間学"にまで高めらた。
自然学の法則・リズムに乗った人間の生き方を追求し、苦しんでいる人々に,細木数子が指針を与えている。


▼細木数子−主な実績
島倉千代子の借金返済アドバイス
石田純一と長谷川理恵の破局
著書は100冊以上で、販売部数は総計4000万部以上
「占いの本を世界一売った人」として細木数子が、ギネスブックに認定
視聴率の女王と呼ばれるほど、細木数子の出演するTV番組は、人気番組となる



posted by uranai | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。