六星占術 心の常識―生き抜く力が湧く 自分をプロデュースする究極の知恵 |細木 数子

六星占術 心の常識―生き抜く力が湧く 自分をプロデュースする究極の知恵六星占術 心の常識―生き抜く力が湧く 自分をプロデュースする究極の知恵
細木 数子
主婦と生活社 刊
発売日 2003-01



思ったよりも。 2004-08-28
他の方は割合と手厳しい内容でしたが、
私は「思ったより」楽しく読むことが出来ました。テレビなどで拝見すると、よくも悪くも
言いたいことを遠慮なく、ずばずばという人だな、くらいの
印象しか残っていなかったのですが、実際に本を読むと
(これが初めてです)
普通の常識をおばあちゃんが若い者におしえてあげる、という
感じがします。普通に読んで、普通に勉強になりました。この本には巻末に多少あるだけで、ほとんど占いらしきものは
書かれておらず、「自分のプロデュース」というよりは
彼女の考える「理想の女性、理想の人間」というものについて
述べられている気がします。テレビでの印象よりもずっとまともな内容でした。

感想 2004-05-25
 とてもためになりました。原点に帰り「心の常識」を見つめ直そうと言う方は読まれてはいかがでしょうか。
 ただ、占いに大きな期待をされている方も多いと思いますが、そのような方には期待はずれの内容だと思います。この本を生かすも、殺すも、読み手の受け取り方次第で大きく違ってくるとおもいます。

原点に戻ることの大切さを教えてくれる本 2005-06-10
何かにくじけそうになったり、失敗したら、まず原点に戻ることの大切さを教えてくれる本である。ここ数年、日本の社会はひどい不景気が続いているせいか、人々の心も殺伐としている。不安に満ちていることもある。そうした不安を癒してくれる、また自分の生活のよすがとなんるものを誰もが求めるようになった。そのときはまず原点に戻り、先祖供養からはじめ、宇宙からパワーを戻ることの大切さを教わった。私も愛媛県の実家に戻り、家族団欒を行い、先祖の墓参り、仏壇参り、寺社詣りを行うことによって生きる勇気が湧いてきた。そして成果の一部を社会に還元することの大切さを学んだ。そのためにも競争に追われる毎日を送るよりも、今一度おのおのの出身地に戻り、心を落ち着かせ、先祖供養を行うことが、成功への近道だと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫








posted by uranai | 細木数子の本
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。