もっと当るタロット―ロンドンの占師の秘伝公開! |浦風 マリア /サーシャ・フェントン

もっと当るタロット―ロンドンの占師の秘伝公開!もっと当るタロット―ロンドンの占師の秘伝公開!
浦風 マリア /サーシャ・フェントン
魔女の家BOOKS 刊
発売日 1997-04



テキスト一冊に加える価値あり 2005-07-14
 他のテキストにないニュアンスの解釈もあり、また、より具体的な解釈もされています。
 著者が、実践を通して得た「意味」も記していますから、他のテキストと比較してみるのも勉強になります。
 小アルカナ56枚については、スッキリした解釈を行っています。読んでいて、日本で言うトランプ占い(プレイング・カード占い)の解釈を思い出しました。これは、このままトランプ占いの時にも使えます。
 全78枚について、「意味早わかり」のページがあります。
 全体的に、ちゃんとタロットと取り組んできた人が書いたテキストであることが分かります。
 価値ある一冊であると断言できます。
 他のテキストを持っている人には、もう一冊のテキストとして貴重な一冊になることでしょう。

中級者〜向け 2001-05-08
カードの読み解き方が丁寧に解説されている。ケルト十字法による時期特定の方法や個性的なコートカードの解釈、カードの意味を大系的に捉える事が出来る詳しい解説は一読の価値あり。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



上級タロット占術―この一冊であなたも占師になれる |アレクサンドリア木星王

上級タロット占術―この一冊であなたも占師になれる上級タロット占術―この一冊であなたも占師になれる
アレクサンドリア木星王
地方・小出版流通センター 刊
発売日 1994-09



タロット・テキストの蔵書に加えましょう 2005-07-14
 他のテキストには、あまり見られない意味、例えば『愚者』に「ノイローゼ、異常、不安症・・・」が見られます。
 私の経験上、『愚者』にこの意味が見事に適応した事例があります。 テキスト(著者)が違えば、各カードの解釈上のニュアンスや意味が違ったりすることがあります。よって、良いテキストをたくさん読むことが基礎研究として最大の方法。
 良きテキストとして、この上級タロット占術を推薦します。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



エオラ・ジェムストーン・オラクル―タロットで探求するクリスタルの世界 自己啓発への聖なる旅 |ジェームズ・マキオン /ロバータ・キャロサーズ

エオラ・ジェムストーン・オラクル―タロットで探求するクリスタルの世界 自己啓発への聖なる旅エオラ・ジェムストーン・オラクル―タロットで探求するクリスタルの世界 自己啓発への聖なる旅
ジェームズ・マキオン /ロバータ・キャロサーズ
ビーエービージャパン 刊
発売日 2004-05



パワーストーンが身近に感じられる本。 2005-10-30
タロット、エンジェル、メディスンホィール...etc.今まで手にした数あるオラクルカードの中で、最もお気に入りのカードです。石のパワーなんて感じ取れない、スピリチュアルとかサイキックとかいう言葉には縁のない私がなぜか素直に石のメッセージをきく気になるのは、石が確かに私たちと同じ三次元に存在しているから?
お値段はちょっとはるのでためらいましたが、一枚一枚のカードが神秘的で美しく、ただ眺めて解説を読むだけでも楽しいカードです。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



ステラ薫子のシンプルタロット |ステラ 薫子

ステラ薫子のシンプルタロットステラ薫子のシンプルタロット
ステラ 薫子
扶桑社 刊
発売日 2003-12-05



買ってよかった♪ 2004-07-16
 上記のお二人のレビューを拝見して買ったのですが、実に素晴らしいタロットです。友人に見せたら「素晴らしい絵ですね」と興味津々。宝来たかこ氏の絵が幻想的で優しくて。
 大きさはワイシャツの胸ポケットに入る大きさで携帯に便利なので、とても重宝します。いつも側に置きたいタロット。 お気に入りのタロットになりました。上記のお二人のレビューが買うきっかけになったので、ここでお礼を。ありがとう。
 宝来たかこ氏の絵に興味が湧いて、画集を注文しました。友人の誕生日のプレゼントに。私にとって、このタロットは『宝来たかこのシンプル・タロット』なのです。
 

女性に!!! 2004-03-05
カードが小さめで、1枚1枚が薄いので、手の小さい女性にも扱いやすいカードです。カードは質がとてもよく、表面の加工のおかげでカード同士がくっつかないのも扱いやすくていいです。寓意画も基本に忠実なイラストレーションで、おだやかな画風はやはり女性向けの商品なのではないかと思います。ただし、大アルカナ22枚のみのセットなので(小アルカナは別に後から発売になると言うことです)、78枚のデッキをお探しの方はご注意下さい。それと、付属の解説書は主に女性が自分の恋愛を占う事を前提として書かれています。

恋愛中の女性のためのタロット 2004-01-29
大アルカナ22枚の構成で、カード1枚のみで占うためのデッキ。絵本のようなファンタジックさがあるが、質感もあり、落ち着いた雰囲気の絵柄だ。カードを眺めていると、大人向けの絵本を見ているような錯覚すら覚える。解説書は、女性が使用することを前提に書かれてあり、主に恋愛関係についての記述となっている。また、毎朝1枚カードを引くことを勧めているだけに、ケースは愛蔵には向かない作りになっている。これらの理由から、恋愛中の大人の女性にこそ手に取ってもらいたいデッキだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット魔法未来からの伝言 |鏡 リュウジ

タロット魔法未来からの伝言タロット魔法未来からの伝言
鏡 リュウジ
集英社 刊
発売日 2004-08



お手軽なのに奥深い 2005-10-02
テキストの方は、カードごとに、恋愛・仕事・迷いごとの3つの解釈があり、「迷いごと」に対してYES・NOとはっきり答えが出ます。2枚のカードで占える早見表や心理テストもあり、リーディングのコツがつかめそうです。カードは、少し薄いのが気になるけれど、サラサラとした紙質で扱いやすいです。ライダー版をアートっぽくアレンジした感じのイラストが、美しい。テキストもカードも、くどくなく、思わず手に取りたくなる気軽さがあります。
その点から初心者向けと言えますが、その実、奥深いところを目指していると思います。

カードよい 2005-08-27
カードは大アルカナのみ。
けっこう荘厳な雰囲気のカードで
実占に向いている。
個人的には愚者のカードが
もう少し、別な感じだとよかったのに、
と思った。
裏のデザインはかなりいい。鏡さんの解説はいわゆるOLさん向けっぽい。
「なにかしたいけど、なにしていいかわからないよ〜ん」
「今の生活、これでいいの?」なんて感じのOLさん。
それ以外の方にも、けっこうハッとする解説がありますので、
タロット好きな方はやはり要チェックでしょうか。

テキストが素晴らしい 2005-05-22
 カードのデザインは、何のカードか分かる絵が描いてあるものの、細かい象徴がカットされ、他のタロットになれている人や象徴を読んで応用解読したい人には全く不向きなカード。
 しかし、テキスト(解説本)は小判ながらとても良く書かれていて素晴らしいものだと思います。他のタロットを使用している人にも大いに参考になるテキストだと思います。
 タロットの何か新しいテキストを探している人には、このテキストは大いに参考になるに違いありません。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



マダム・アリサの小アルカナ タロット練習帳 |アリサ三田

マダム・アリサの小アルカナ タロット練習帳マダム・アリサの小アルカナ タロット練習帳
アリサ三田
フリースペース 刊
発売日 2005-05



とにかく実践的でGOOD!! 2005-06-14
前回の大アルカナも良くて、小アルカナも出ないかなーと思ってたら、
待望の!!とにかく知識としてっていうのではなくて、実践的に役立つ1冊だと思う。
リーディングが苦手な人は、まさに”練習帳”になる本だと思う。
堅苦しい感じもなく、小難しい事もなく、様々な人にフィットするのでは?今までありそうでなかったのが、こういう本ではないでしょうか?
ありがたい1冊です。

とにかく、わかりやすい 2005-05-17
とにかくわかりやすい。小アルカナについてこれほど簡潔にまとめらたれ類書はない。大アルカナと小アルカナの比重のおき方、小アルカナの読み方など、大いに参考になった。とかくタロットの本はカードの意味についてもっともらしい解説ばかりのものが多いが、この本はカードをどう読みかという、まさにタロット占いをやりたい人のために書かれている。タロットを理屈で勉強したい人には不向きだが、実際に自分でタロット占いをしたい人には最適。リーディングの例が豊富に示されており、著者独自の解釈が面白く、参考になる。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット(新装版) |アルフレッド・ダグラス

タロット(新装版)タロット(新装版)
アルフレッド・ダグラス
河出書房新社 刊
発売日 2005-02-22



タロットを愛する人へ 2005-05-22
 この本は、タロット学習者にぜひともお勧めしたい本です。
 カードのモデルは、ほとんどのタロットの原型となる「マルセイユ」タロットをつかって説明していますので、他のタロットを持っている人にも強くお勧めしたいテキストです。
 大アルカナ・カード22枚の1枚1枚において、数や背景となるであろう神話、哲学について分かりやすく説明されているので、カードの意味を理解しやすい内容になっています。
 多くのテキストは、占いの意味だけの説明ばかりというものが多いので、この本の内容はとても貴重です。 
 後半の小アルカナについては占い上の意味ですが。
 また、タロットをつかったゲームが存在することは多くの本に見られますが、この本では実際の遊び方のひとつを紹介してあります。これも貴重な知識となるでしょう。
 この『タロット(新装版) 』は、タロットを愛する人、ちゃんと理解したい人にとって必読の書であると言えます。 新装版になる前のものをマーケットプレイスで購入し、再販を望む運動のホームページに参加、とうとう新装版として復活。嬉しく思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



ユングとタロット―元型の旅 |サリー ニコルズ

ユングとタロット―元型の旅ユングとタロット―元型の旅
サリー ニコルズ
新思索社 刊
発売日 2001-04



気に入ってます 2005-08-27
かなり厚い本で、すらすら読むには、
ある程度ユング心理学の知識が必要かと
思われる。
それでも、興味がある人や、
タロットに深くかかわっていきたい人は
読んでみる価値大いにあります。
カードを深いところから、読み解いているので、
占いが当たる当たらないといった単純なところでの
判断ではなく、魂の働きを映し出すカードといった
意味合いでリーディングできるようになると思う。

最高のタロット・テキスト 2005-05-16
 ユングは、研究対象としてタロットに多大のエネルギーを注ぎました。生涯で一番エネルギーを注いだのではと、それくらい。著者の写真としてサリー ニコルズとユングが並んで立っている写真が使われています。ユングのタロット研究を心理学的に「進めた」著者の自信作であろうと思われます。
 なにぶん大著なのと高価であるのと、内容が濃いので、ちょっと占いの参考に程度だと持て余す本ですが、プロを目指す方や心理学を学んでいる方、心理学が好きな方には、素晴らしいテキストになることは疑う余地なしと思われます。
 また、フレンチ・メソッドという解釈法があり、大アルカナ22枚を?とXI(11)というように二段に並べ、小アルカナ56枚を大アルカナになぞらえて読むという方法なのですが、その方法論だとこの本がとても重要になると思います。

ユングの元型の見取り図として 2005-01-10
 タロットのイメージを、構造化された象徴の集まりとして用いてユング心理学の考え方を語った良著である。
 ユングの元型という考え方はなかなかわかりにくいものであるが、本著はその見取り図として元型全体をとらえやすくしてくれる。
 また、所々にユングの考え方をわかりやすく引用や解説しており、自分の人生にユングの考えを生かす助けになるだろう。
 また、読みやすい翻訳であるが、ある程度ユング心理学になじんだ上で読むと一層本著を楽しめると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット大全―歴史から図像まで |伊泉 龍一

タロット大全―歴史から図像までタロット大全―歴史から図像まで
伊泉 龍一
紀伊國屋書店 刊
発売日 2004-08



この一冊で必要充分でしょう。 2005-06-20
歴史から占い方まで、貴重な図版を豊富に使用した良書だと思います。
極めて客観的な内容ですので、オカルト本的な要素はほとんど無く、むしろヨーロッパ文化史の資料書的な意味合いが強い本です。それでいて、各カードの解釈の仕方も豊富に取り上げられ、タロットの入門書としては必要十分かと思います。

「美しい幻影」としてのタロット? 2004-10-31
いわばタロットの「全史」の試み、その情報量の多さにはすごいものがある。著者は最初に、タロットへの今の日本での関心が、いわば精神世界系とそうではないものとに分けられると言っている。著者の意図は、初めはただの美しいプレイングカードにすぎなかったものが、精神世界的意味を付与されていく歴史を「壮大なる幻想のドラマ」として描き出そうというところにあるようにみえる。そして、ゴールデンドーンのオカルティズムから、現代アメリカに至って、ニューエイジ的な自己探求のツールとして深層心理的な解釈が全盛となっている状況までをあとづけていく。こういった大まかな流れが日本語で書かれたのは初めてのことだ。この本は、とてもオカルトに興味を持っているようだが、実はオカルト、あるいはサイキックな現象などをまったく信じていない人によって書かれているなあ、と思える。その外側に立って美しい幻影の数々を見て楽しんでいるというスタンスである。タロットに高度な精神的意味を求める姿勢をどこかで相対化しようとする意図を感じる。タロットの「神秘」を本気で信じていない人が「タロットに神秘を感じた人々の歴史」を書いた、そんな感じの本である。どうも、現代アメリカで主流になっていて、日本でも広まってきている「精神世界系タロット」に対して距離を取りたいという意図が見え隠れするように思う。もしかすると著者こそ、もっとも手ごわい反オカルティストかもしれない。著者は学者ではないが学者的な本である。参考文献としての価値は大きい。タロットについての知識を得るには必須の文献である。ただ、「今ここで出ている一枚のカードに何を読み取るか」ということだけにフォーカスしようとするタイプの人には、こうした情報や知識はほとんど必要ないものだろう。

タロット研究の大作 2004-10-16
歴史的な面からも調査、考察しているとてもくわしくかかれた本です。
多くの文献にあたった跡があり、タロットの実像に迫ろうとしています。タロットのまとまった著作としては海外のものしかなかったところに
この大作が日本からでるとは、なかなかのものですね。普通のタロット本で書かれていることとは異なった結構面白い事実が
書かれています。
タロットに興味がある人、必見です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット解釈実践事典―大宇宙(マクロコスモス)の神秘と小宇宙(ミクロコスモス)の密儀 |井上 教子

タロット解釈実践事典―大宇宙(マクロコスモス)の神秘と小宇宙(ミクロコスモス)の密儀タロット解釈実践事典―大宇宙(マクロコスモス)の神秘と小宇宙(ミクロコスモス)の密儀
井上 教子
国書刊行会 刊
発売日 2000-08



思いやりのある本 2005-05-13
とかく初心者にとっては78枚ものカードの解説に圧倒されてしまうものだと思いますが、この本は、例えば大アルカナを3枚勉強した段階でそれらを使ったスリーカードスプレッドの解説や実践的なアドバイスがあるなど、飽きさせない配慮が行き届いています。正直なところ、タロットの本で最後まで読み通すことのできた本は、これが初めてでした。タロットや占いに対する著者の哲学に共感できました。繰り返し呼んでマスターしたい本です。

解釈がまるわかり 2005-01-09
 タロットが78枚あるのは知っていたけど、
そんなに意味覚えられないよ〜、って思ってて、
大アルカナだけ勉強するつもりだったんですが、
この本を読んで、小アルカナがどれだけ
タロットにとって重要な意味を持つか、
分かりました。絶対読むべきだと思います。
直感はホントに大事だなと教わったし、
解釈は直感を引き出すものだから、
身構えず、読めると思います。

タロットについて理解が深まります 2005-06-08
タロットの解釈本として2冊に購入しました。
辞典というだけに、最初はボリュームに圧倒されましたが、カードの解釈と実践、要素の説明などバランスよく配置されていて、最初から読みやすく薦められました。また、生命の木に照らしての説明がとても分かりやすかった。小アルカナで特にそう思いました。読み返して勉強していきたいです。


続きはコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



大アルカナ タロット練習帳 |アリサ三田

大アルカナ タロット練習帳大アルカナ タロット練習帳
アリサ三田
フリースペース 刊
発売日 2003-01



初心者向き 2003-05-18
この本でタロットが全て分かるというものではないけれど、初めてタロット占いをしようという人やどう勉強していいかわからないという人には良い本だと思う。
この本でタロットに慣れたら、他のもう少し詳しい本で勉強してさらにレベルアップしよう。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



秘伝カモワン・タロット |大沼 忠弘 /フィリップ カモワン

秘伝カモワン・タロット秘伝カモワン・タロット
大沼 忠弘 /フィリップ カモワン
学習研究社 刊
発売日 2001-12



マルセイユ版を用いた技法の解説書 2004-09-27
マルセイユ版を用いた技法の解説書です。これで扱われるカモワン式のテクニックについてはある程度
の研究の跡は認めますが、著者が主張するほどの決定版であると
いうようには実際のところ見えません。結局、数あるタロットのなかの一つの作品という位置でしか
私は考えることができません。内容については書店で確認ができますので、このタロットの
実物が気に入るかどうかという好みの問題だけですね。
その好みの問題以外ではこの作品をあえて薦めるほどの
理由はないと思います。「秘伝」と銘打たれた占い本は本当のところは別にノウハウ
を記した「商品」を買う必要があったりしますが、このタロット
に関しては、本屋でタロット実物も解説書も見ることができますので
そういった商売的な面では必要最小限の良心的なところはあるのだと
おもいます。

運命的な出会いでした。人生の転機を予感します! 2002-04-07
 基本情報技術者試験に不合格・近親者の離婚問題・父の一ヵ月間に3回の入退院等不幸のどん底にあったときに、この御本に出会いました。
 タロットについてまだ勉強中の私ですが、僭越ながら本書を選んだ理由を書かせていただきます。 
1.タロットカードは、現在主流のウェイト版とは全く異なる『カモワン版マルセイユ・タロット』である。2.ウェイト版にはない「視線をもつ」カードがあり、視線をたどってカードを動的に展開する。
3.逆向きに出たカード(問題カード)の下には、解決カードを引く。問題カードにより、どのようなエネルギーがブロックされているのかを知り、解決カードでそのブロックを取り除く方法を読み取ることができる。これが、カモワン流最大の特徴である。4.タ!!ロット学習者の多くが挫折する小アルカナの数カードの理解・暗記が容易である。
 剣、杯、杖、玉の四組のエースの意味(Y軸)と大アルカナ22枚の意味(X軸)をマスターすれば、数カードの意味は両軸の交わる点の意味として把握できる。5.大アルカナ22枚のキーワードについては、概念として抽象的に理解するのではなく、カードの絵柄のどの部分から読み取るかが示されているので、実際のリーディングのときにカードを見ただけでキーワードが反射的に思い浮かべられるようになる。
 私の筆力で本書の素晴らしさを十分表現できないのがもどかしいです。 タロット初心者の方はもとより、ウェイト版等他のタロット愛好者の方々に是非是非お読みいただきたい「人生を根本的に変える」書物です。

マルセイユ復元への情熱を感じる 2003-04-12
古い版といわれるカードの群を見ていると、内容が時代とともに伝言ゲームのようにどんどん崩れていくのが分かり、「最初の、本物のタロットは一体どんなだったんだろう?」と考えてしまいます。この「カモワン・タロット」は、付属の本によると、数々の古いマルセイユ・タロットを綿密に研究し、本来のタロットの姿の復元を試みた成果なのだそうです。色数が多く、雑草の葉の数、服のドレープの入り具合まで細かく検証されています。ぱっと見は、普通のマルセイユなので抵抗もありませんし、紙質、大きさなども他のデッキに劣るところはありません。ただ、具体的にどういう研究がされたかがいまいち分からず、素直に信じてよいものか迷います。「タロットの起源はマルセイユだ!」という著者の期待???色濃く反映されている気がします。まぁ学研だしな・・・くらいの気持ちで買ったので、かなり満足しました。とくに、付属の本は半分以上が実占の話なんですが、マルセイユ・タロットの歴史も詳しく載っていてタメになります。
このてのマルセイユ版の研究本がもっと出てきてほしいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット教科書 (第2巻) |栄 チャンドラー

タロット教科書 (第2巻)タロット教科書 (第2巻)
栄 チャンドラー
魔女の家BOOKS 刊
発売日 1997-06



展開だけでなくシャッフルの仕方も載っている本 2005-09-21
タロット教科書1があまりによかったので、2も買いました。一番私にとってよいと感じたのはシャッフルの仕方やカットの仕方が1よりも丁寧に書かれていたこと。
円形タロットの展開が載っている本は私の買った本の中ではこれだけだったこと。
そして驚くほどの展開方法の数です。
なぜ星4になったかというと、解釈をする上での参考になる部分が1に比べて少なく感じたからです。複数のカードをあわせて判断するという部分については1に及ばないと感じられました。
しかし、初心者にとっては巻末のハーバルタロットの意味はすごく助かります。

多数のスプレッドが一度に学べる 2002-05-14
初級から上級まで多種多様なスプレッドが公開されています。
ポピュラーなものも一部掲載されていますがその種類は相当数にのぼりますので、上級者の方でも気分転換にスプレッドを変えてみようかという時には良い参考となるでしょう。但し各カードの意味に関しては巻末でわずかに「早わかり」として載っているのみですので、初めて解説本を買うという方には少し物足りないかも知れません。
しかしその一方でハーバルタロットの解釈が付録としてついているので、同デッキをお持ちの方には良いオマケだと言えるでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット・リーディング |藤森 緑

タロット・リーディングタロット・リーディング
藤森 緑
魔女の家BOOKS 刊
発売日 2004-10



占いの結果をどう伝えるか。 2005-09-18
占い師としての心構え的なものも書かれてあり(74-79P)、
その点でもお勧めできる一冊です。
コンビネーション・リーディングも参考になるかと思います。

初心者にもおすすめ! 2005-08-14
とても読みやすく占いの実例が書かれています。
この本を読むまでは22枚の大アルカナだけを使っていましたが、
この本に出会ってやはりタロットを極めるなら小アルカナを含む78枚
が必要だな〜と実感する事が出来ました。
早速78枚のデッキを購入してこの本を片手に占ってみましたが、
78枚のカードのすべての意味が詳しく説明してあるので初心者の
私にもタロットが語り掛けてくるようなリーディングが出来ました!
これからも愛用できそうな一冊です!!


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット教科書 (第3巻) |サーシャ・フェントン

タロット教科書 (第3巻)タロット教科書 (第3巻)
サーシャ・フェントン
魔女の家BOOKS 刊
発売日 1998-12



占い場面を見ているような本 2005-09-21
タロット教科書1,2を買ったので3も買いました。この本で一番驚いたのはスプレッドにこだわらず複数のカードを抜き出して解釈するという場面でした。カードの置き方は些末なことではないかと考えさせられる部分があります。
さらにもっとも私にとって意味があったのは、その場におかれたカードを何人かの占い師で解釈する部分で、とても参考になりました。タロット教科書と銘打っておりますが、1,2,3はすべて傾向が違います。1や2と同じ流れだと思って買うと困惑するかも。それぞれの利点を見て買われるといいと思います。

実占の勉強! 2005-08-14
タロット教科書第1巻よりも読みやすかったです。
占いの実例集のような内容で、最後まで一気に読めました。
占う相手の情況に応じて一枚のカードが色々な意味に読み取れる
ということが詳しく書かれていて、とても参考になりました。
読み終わったとたんに誰かを占ってあげたくなってしまいました〜。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



はじめてのタロット |荒井 良二 /鏡 リュウジ

はじめてのタロットはじめてのタロット
荒井 良二 /鏡 リュウジ
ホーム社 刊
発売日 2003-06



一番のアドバイザー!! 2005-02-09
タロットはもともと持っていましたし、本格的なタロットもいくつかもっていますが、この22枚のデッキが私の質問に一番答えてくれるきがします。小さくてシャッフルもしやすいし、絵が親しみがあり暖かく、ふんわりと包み込んでくれるような優しさがあります。
私の感性に一番合っているのか、一番頼りにしているカードです。
ですが、ちょっと人を占うのには抵抗がありますが・・・。
私専用ですw
これが78枚で小アルカナもあったら・・・・と、切実に思います。

かわいい 2005-08-27
カードかわいい。
象徴がしっかり書き込まれているせいか、
あまり飽きもこない。
折に触れて、見たくなるカード。

これぞ、人を幸せにし未来を照らすタロット! 2004-10-23
 これは私の名義で友人のために買ったのですが、私も中身を一通り見せてもらいました。
 鏡さんの書かれた子どもにも大人にも親しみやすい平易な文章に魅かれます。自分と同年生まれということにもなお親しみを感じました。本当に素晴らしいのは、本のQ&Aコーナー。タロットをすると悪いことが起こるという噂に対し「タロットは人が幸せを願ってするもの、不幸になることは絶対ない」との鏡さんの一言に元気付けられる方も多いことでしょう。加えて「一見悪いカードを引いたからといって占ってあげた人を傷つけるようなことを決して言ってはいけないのがルール」という一文にも、配慮の行き届いた人柄を感じさせます。人に悪いイメージを持たせるのは、大半の占い師がこういった配慮もなく、ただカードの持つ意味や専門的なことばかり強調するからでしょう。そのイメージを鏡さんと荒井さんは見事に変えてくれています。
 カードは小さめながら絵柄がとっても愛らしくて、凶の意味を持つものさえもユーモアと茶目っ気にあふれています。多くの人のイメージにあるような「オドロオドロしい」ものは全くなく、「易しさ」と「優しさ」、そして楽しさに満ち、幅広い年齢層に支持されると思います。当たるかどうかは私には分かりませんが、読む・眺めるだけでも十分楽しめるセットです。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本



タロット教科書 (第1巻) |マルシア・マシーノ

タロット教科書 (第1巻)タロット教科書 (第1巻)
マルシア・マシーノ
魔女の家BOOKS 刊
発売日 1996-10



タロット教科書第1巻 2005-09-27
これを買うなら、The Rider Tarot のシリーズどれかも買うことをお勧めします。(本の中でそのタロットを使った解説がしてあるからです)この本を読むとタロットがどんなものなのかということが、よく分かり、中の説明の写真付でとても分かりやすいです。
教科書というだけあって練習問題があったり復習テストがあったりと本当に教科書みたいです。(初め見たときはびっくりしました)
タロットカードの説明も小アルカナはカードの意味、その逆位置が、大アルカナはカードのシンボリズム、イメージ、解釈が一枚一枚丁寧に書いてあります。実践に使われている占い方はケルト十字法でそれについても詳しく載っています。
タロットを始められる方はぜひこの本をお買い上げください。おすすすめします。

一番わかりやすいタロットの本 2005-09-21
タロット関係の本を複数買ったのですが、この本が一番わかりやすく、おもしろく感じました。この本を読むまで小アルカナについてはまったく興味がなく、ライダー版のタロットも好みではありませんでしたが、シンボルの解釈や占いのやり方がきわめてシステマティックにかかれていて楽しめます。ライダー版のタロットも買ってしまいました。
ケルト十字法の占いのみなのですが、ちょっと迷うのはカードをおく順番が日本の多くの本とは違うこと。しかし一番わかりやすい本だったのでこの本のやり方にすっかり染まっています。

初心者−特に独学者にお勧めです 2005-05-07
タロットの入門者にまず勧めたい本がこれ。
取っ掛かりとしてはとても良い本だと思います。
実習形式でカードの意味ともっともポピュラーなケルト十字スプレッドを学ぶ事が出来ます。
わき目も振らず、ケルト十字オンリーで突き進んでいるのが好感を持てます。
そのレッスン項目までに覚えたカードだけで、ケルト十字の展開レッスンがあるのも、学習者を飽きさせない工夫ですね。
初心者用にも関わらず、各カードのシンボリズムが解説されているのがマル。
ただし、この本がある程度身についたら「タロット解釈実践事典」に進む事をお勧めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by uranai | タロットの本


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。